2018年10月23日火曜日

Ксилема / Full Lungs - Флема Cassette [2018]



ベラルーシのエモ~ポストハードコアバンドКсилемаとFull Lungsの2組によるスプリット。Ксилемаはエモリバイバル的な音としても捉えられる感じだけど上手く言い表せないけどこのバンド独特の音を出してると思う。あと個人的にほんのちょっとだけSerotonin感あるなと思ってたりする。Full LungsはDeparturesとかみたいなタイプのポストハードコアといった感じ。

価格:600円

レーベル:Polar Summer

試聴:

2018年10月20日土曜日

Control - Tape Cassette [2017]



東京で活動中のパンクバンドControlによる3曲入りカセットテープ。Rites Of SpringFuel影響下のメロディックパンクで全体的なスピード感だったりボーカルのテンション的にAssorted Porkchopsのバンドを彷彿とさせる感じもありかなりツボなバンド。個人的に2017年リリースの中でも特に聴いた音源の一つだったりする。ちなみに一部メンバーはSadsummerでも活動中。

価格:600円

レーベル:Self Released

試聴:

2018年10月15日月曜日

Jen Wood - This Uncontainable Light CD [2000]



ex-Tattle Taleでエモ方面の様々なバンドと交流があるシアトル在住のシンガーソングライターJen WoodによるEP。全曲良いけど一曲目のRideがとにかく名曲で全体としては以前の作品よりもバンド色強めな仕上がり。いやー切ない。そういえば最近Sunn O)))のメンバー等とThis White Lightというバンドを組んだみたいなので興味ある人はそっちもチェック。
※プラケースに多少の擦れ等ある場合あり

価格:1300円

レーベル:Tree Records

試聴:

Enouement - Composure Cassette [2018]



ex-Night And The City Of Broken PromisesNatural OrderBicycle Thieves等のメンバーによって結成されたUKはカーディフのエモ~ポストハードコアバンドEnouementの初フィジカル作品。Run For Cover辺りからリリースされてそうなオルタナ色強めの音で渋くてかっこいいす。メンバー曰くTexas Is The ReasonMineralHumThe Promise RingThe Pine辺りに影響を受けてるそう。ボーカルの声質がちょっとBroccoliだったり最近でいうとHarker(どちらも日本のFixing A Holeからリリースしてます、超おすすめ)みたいで曲も哀愁漂う感じで隠し味的にUKメロディックを感じられないこともないと思うのでその辺り好きな人も気に入るかも。ステッカー付き。

価格:500円

レーベル:Self Released

試聴:

2018年10月12日金曜日

Tonka / Suburban Propain ‎- Split 7" [1991?]



サウスキャロライナのTonkaとノースキャロライナのSuburban Propainによるスプリット。プレス数は不明、盤色もいくつかバリエーションある模様。ちなみにTonkaはAssfactor 4の前身でSuburban PropainはCorneliusの前身。
※ジャケに擦れ等ある場合あり

価格:700円(盤色ランダム)

レーベル:Sub Pro Records

試聴:なし

VA - Stupid By The Grace Of God 7" [1991]



Bedlam Hour、Tonka、Toast、Unherdというサウスキャロライナ4バンドを収録したコンピ。1000枚プレス。
※ジャケに擦れ等ある場合あり

価格:700円 Sold Out

レーベル:Assorted Porkchops

試聴:

Tonka - Calling Waffle House Home 7" [1992]



アメリカはサウスキャロライナのパンクバンドTonkaによる1st 7"。800枚プレス。DCハードコア(harDCore)やJawbreaker要素も感じさせる音でB級メロディックファンにはたまらない仕上がりになっている。ちなみにこのバンドの後一部メンバーはUnherdのメンバーと共にAssfactor 4を結成。Eddy等でも活動した。
※ジャケに擦れ等ある場合あり

価格:700円 Sold Out

レーベル:Assorted Porkchops

試聴:
1~4曲目までがこの7インチ収録

2018年9月22日土曜日

Fallow - Demo 2018 Cassette [2018]



ex-GoodwillWhite LilacWªLL等のメンバーによるUKはカーディフのギター三本でベースがいない代わりにチェロがいるというちょっと変わった編成のエモバンドFallowのデモテープ。影響を受けたバンドとしてMineralHooverMars To Stayを挙げているが音としては同じくUKのDymをアトモスフェリックなポストロックに寄せた感じがする。上手い事言えないけど最近のスクリーモっぽいっちゃっぽいけどどことなく90s感もあると思う。2曲目たまらんす。

価格:700円 Sold Out

レーベル:Callous Records

試聴:

2018年9月10日月曜日

Eeva - Шоссейный Синдром Cassette [2018]



ロシアはモスクワのポストハードコアバンドEevaの2ndアルバム。前身のHe Called Himself Jesusから初期のИва名義の頃はスクリーモをやってたけどEeva表記になってからはHoover的なヒリついた感じのポストハードコアを鳴らすスタイルに変化(実際ライブでHooverのカバーをやったりしている)。で今作は前作よりも気持ちメロディアスな曲が増えてて途中Jawbox的なリフなんかもあったりしてニヤッとしたり。相変わらずカッコいい。DetrytusThe Sunsetboulevardなんかが好きな人にもおすすめ。
※ケースは再利用しているもののため元から多少のキズあり

価格:900円

レーベル:Self Released

試聴:

2018年9月7日金曜日

Emitation - Adult 7" [2018]



愛知のAlgernon CadwalladerSnowingライクなエモバンドEmitaition(emoとimitationを合わせた造語だそう)による1st 7"。コンセプトはCap'n jazz、Algernon Cadwallader meets School Jacketsらしい。ほとんどの曲が1分切る短さということもあり7インチながら今作は10曲も収録されている。パワーバイオレンス、エモバイオレンスのtwinkle emo版といった感じでエモわんこそばと表現している人なんかもいて正にそんな感じ。前述のバンド、Oliver HoustonMalegoat等好きな人におすすめ。

価格:700円

レーベル:Dirty Legs Recordings ‎

試聴:

Undone - The Other Side 7" [1996]



JasemineFinger Print等のメンバーにより結成されたフランスのUndoneによる2nd 7"。1537枚プレス(1996年1stプレス1037枚、1997年2ndプレス500枚)。ギャンギャンに尖ってつんのめってくるような勢いの中に仄かに哀愁香る感じがたまりませんね。あとジャケ自体がジンになっていて歌詞の他に音楽、ハードコアパンク、自分たちのシーンなどについてのメンバーの考えが英語とフランス語で書かれており読み物としても面白い。AgeAnomieFrail等好きな人におすすめ。
※ジャケに多少のダメージあり

価格:700円

レーベル:Stonehenge Records

試聴:

2018年8月31日金曜日

Cap'n Jazz - Picasso Person T-shirt



ご存知Cap'n JazzのTシャツでございます。

価格:2800円 (S/M/L)

色/ボディ:黒/Jerzees 50/50

2018年8月27日月曜日

Juniper - You Don't Hide So Well 7" [1996]



アメリカのインディーポップバンドJuniperによる1st 7"。A面がエモとかメロディックっぽい曲ですげー好き。インディーポップ好き、エモっぽいの好きな人におすすめ。

価格:700円 Sold Out

レーベル:A Turntable Friend Records

試聴:



2018年8月22日水曜日

Levelhead - Self Titled 12" [2016]
























アメリカはジョージア州アトランタにて1991年から1997年にかけて活動していたメロディックパンクバンドLevelheadによる未発表になっていた1st LP。メロディック好きなら要チェックと言い切っていいくらいの好内容だと思う。個人的に特にA面(SIDE DELTA)の方が好きな曲が多いかな。元々Beyond Failureきっかけで知ったこのバンド、海外のバンドを調べていると大抵こういうブログに辿り着けたりするから本当にありがたい。レコ屋ディグもいいけどネットディグも面白いよ。
※角折れあり

価格:1500円

レーベル:Slender Boy / Fat Boy

試聴:

2018年8月9日木曜日

Please, Believe! - In Potential CD-R [2018]



UKはスコットランド、ダンディーのPlease, Believe!による1stアルバム。BonehouseStonethrower等のメンバーにより結成されたのもあってそこら辺のバンドの感じが上手いことミックスされた音に仕上がってて良いす。個人的には3、4曲目の流れにグッときて終盤の畳み掛けからのラストの歌で大団円って感じでした。ちなみに今回入荷のCD-R版はツアー時に販売されたものでこの後ヴァイナルでもリリースされる予定。前身バンドやCarson WellsKaddish等のスコットランドのバンド(この辺りのバンドをまとめてEcossemoと言ったりする)の他、The Van PeltLife At These Speedsなんかが好きな人にもおすすめ。余談ですがギターボーカルのOwenがやってるGone Wishingもいいよ。

価格:800円

レーベル:Make-That-A-Take Records  

試聴:

Stonethrower - Swells​/​Repels CD-R [2015]



UKはスコットランド、ダンディーのStonethrowerによる1st EP。同じくスコットランドのCarson Wellsに近い音で個人的に2曲目が特に好き。ちなみにこのEPリリース時は4人組だったけど現在は3人になってアルバム制作中&一部メンバーはPlease, Believe!でも活動中。
※ジャケ多少の汚れあり

価格:700円 Sold Out

レーベル:Make-That-A-Take Records

試聴:

Forever Unclean - Float EP 7" [2017]



デンマークはコペンハーゲンのメロディックパンクForever Uncleanによる1st 7"。GnarwolvesPUPBangers等好きな人におすすめ。ちなみに一部メンバーは以前Rebukeというバンドでの来日経験があるそう。

価格:700円

レーベル:Make-That-A-Take Records/Disconnect Disconnect Records/5FeetUnder Records

試聴:





2018年7月27日金曜日

Shonen Bat / Altraüma - Split CD-R [2016]



スペインはマラガのShonen BatとAltraümaによるスプリット。50枚プレス。
※ジャケに多少の擦れあり

価格:800円 Sold Out

レーベル:Otomo Recs

試聴:



Shonen Bat / Ulises Lima / Wann - As Far, So Close CD-R [2016]



スペインのShonen Bat、Ulises Lima、Wannの3バンドによるスプリット。100枚プレス。Shonen Batは相変わらずのいい塩梅。Ulises LimaはLa Agonía De VivirWild AnimalsのFonによるレーベル)をしてスペインの90s emo影響下のバンドではベストと言わしめるバンドで同じくスペインのAinaCrank!からのリリースで知られるVitreous Humor的なサウンドを聴かせるバンド。WannはUlises Limaに割と近い音な印象もあるがもうちょい暑苦しい感じ。3バンドともまじで良いです。
※ジャケに多少の擦れあり

価格:1300円 Sold Out

レーベル:Otomo Recs/Atomize

試聴:

Shonen Bat - Bad Character CD-R [2015]



スペインはマラガの3ピースエモバンドShonen Batによる(たぶん)3rdアルバム。バンド名は日本のアニメ妄想代理人に登場する少年バットから取ったもの。OwlsKarateDon CaballeroThe Van Pelt等々様々なバンドからの影響を受けつつちゃんと独自感もある平熱~微熱を行ったり来たりなマスエモサウンドは聴けば聴くほどその旨味みたいなものが味わえると思う。程よく哀愁を含んだボーカルも良い。金太郎飴的なとこもあるけども全然OK。
※ジャケに多少の擦れあり

価格:1000円 Sold Out

レーベル:Otomo Recs

試聴:

2018年7月10日火曜日

No Action x Inverted Forrest - Live EP [2018]



No ActionとInverted Forrestによるライブ音源収録の8cm CD-R。Inverted Forrestはどうやら人物らしく今回の音源のボーカルを務めてるみたいです。

価格:300円

レーベル:Trainset Tapes And Misc.

試聴:なし

No Action / Roger King - Split 7" [2013]



オーストラリアのジャングリーパンクNo Actionとex-The PineReaching Awayという経歴を持つアメリカのRoger Kingによるスプリット。No Actionサイドは約二分にも及ぶイントロからメロディックな曲へと傾れ込んでいくんだけどこれが本当にたまらんす。The ReplacementsThe Hatedなんかの要素を感じるバンドでもっと広く聴かれてもいいと思っている。一方のRoger KingサイドはReaching Awayやこれ以前のRoger King名義作品のようなアコースティックな路線とは違い全パートRogerによるThe Pine色強めのがっつりバンドサウンドな曲。ジャケやインサート、歌詞の内容からもわかる通りこの曲は自身の娘の事を歌っていてそれがまたより一層エモ度を加速させている。相変わらずのクセ強めの歌い方としゃばい音質で聴く人を選ぶかもしれないけど良い曲です。

価格:700円 Sold Out

レーベル:strictly no capital letters/civic duty records

試聴:

 

2018年7月4日水曜日

Øjne - Prima Che Tutto Bruci 12" [2018]




イタリアはミラノのエモバンドØjneによる1st LP。600枚プレス(黒盤300、赤盤300)。ユーロ激情好きなら間違いないんじゃないかみたいな今作。3曲目なんか天に召しちゃうやつです。ちなみにアルバムタイトルは「全てが燃える前に」という意味らしい。あと今作からボーカルが変わってます。個人的に前のボーカルより好きっす。La QuieteRaeinShizuneなんかのイタリアの激なバンドからSuis La Lune辺りが好きな人にもおすすめ。

価格:2000円 (黒盤 / 赤盤)

レーベル:Miss The Stars/Ancient Injury Records/Through Love Rec/Voice Of The Unheard Records/La Agonía De Vivir/Unlock Yourself Records/DreaminGorilla Records/Not So Happy Records/Adorno Records/Désordre Ordonné/Dasein Records/Summercide Records/Hardcore For The Losers

試聴:

2018年6月17日日曜日

Ordination Of Aaron - Discography 2x12" [2009]



アメリカはミシガン州カラマズーにて1993年から1995年にかけて活動したエモバンドOrdination Of AaronのディスコグラフィーCDのヴァイナルでの再発(Acoustic 7"とコンピWe've Lost Beautyに提供したNew Faceのアコースティックver.は未収録)。1100枚プレス。JuliaIndian SummerPolicy Of 3CurrentPlungerStill LifeAnasarca辺りのエモが好きなら要チェックなこのバンド。と言ってもそういう人はすでに知ってる場合のが多いと思うけどもしまだ未聴ならということで。Crate聴きながら部屋で一人ウェヘヘェーィと熱唱かましましょう。一部メンバーはこの後CurrentやVineのメンバーと共にBroken Hearts Are Blueを結成。その他にもDaredevilSky By SorellaCloserFlex Lavender等のバンドにも関わってたりする。

価格:2500円 Sold Out

レーベル:Adagio830

試聴:





Ordination of Aaron 3.18.95 Knights of Columbus Hall Wayne MI from Joel Gibson on Vimeo.

Carson Wells - No Relic 12" [2018]



UKはスコットランドのCarson Wellsによる3rd LP。500枚プレス(黒盤300、青盤200)。前作はKolyaSinaloa感強めだったけどtime as a colorのコンピに提供していた曲からも窺えた様に今作は歌が増えてSelf Defense FamilyWildernessみたいな雰囲気も加わってきた気がする。Arkless的なギターリフが聴ける曲もある。ちなみに今作のアートワークはそのArkless(解散済)のメンバーのAndy Hemmingによるもの。

価格:1800円(黒盤 / 青盤

レーベル:Adagio830/Barely Regal Records/Black Lake Records/Discos Finu

試聴:

2018年6月13日水曜日

Love, Claire - The Forgotten Cinema LP Cassette [2018]




アメリカはオレゴン州ポートランドにて1996年から1998年にかけて活動していたポストロック~スロウコアバンドLove, Claireが活動末期の1998年にCDでリリースした唯一のアルバムがカセットテープで再発。LowCodeine辺りが好きな人におすすめ。あとDymHuman Handsの2nd LPを気に入ってる人なんかも入り込めるんじゃないかなとも思う。

価格:800円 Sold Out

レーベル:axiom schema records

試聴:

Love, Claire - Self Titled Cassette [2017]



アメリカはオレゴン州ポートランドにて1996年から1998年にかけて活動していたポストロック~スロウコアバンドLove, Claireが1997年にリリースしたデモテープの再発。こんな超オブスキュアなバンドがひっそり再発されていてちょっとびっくり。Ghostという曲はこの後のアルバムにも収録されるけどこっちのバージョンはデモなだけあってよりローファイで生感が強い。LowCodeine辺りが好きな人におすすめ。あとDymHuman Handsの2nd LPを気に入ってる人なんかも入り込めるんじゃないかなとも思う。

価格:600円

レーベル:axiom schema records

試聴:

2018年5月26日土曜日

Yotskry - Self Titled Cassette [2018]



ロシアはアンガルスクのYotskryによる1st EP。限定30本。このバンドはEnsslinのギタリストのSashaがCarolAcmeのような所謂ブレーメンハードコアを意識したバンドがやりたいということで結成したバンド。Buranの頃を思い出させるささくれ立ったボーカルが聴けてなんか嬉しい。

価格:600円 Sold Out

レーベル:Tagesreste

試聴:

2018年5月23日水曜日

Bewilder - Everything Up To Now Cassette [2018]



UKはサウサンプトンの2人組バンドBewilderによる2nd EP。限定30本。7年ぶりのリリースとなった今作は前作よりもインスト曲が減り歌の割合が増えててJoie De VivreWeightless辺りが好きな人は気に入るんじゃないかと思う。ゲストで女性ボーカルが入ってるのも良いすね。今もやってるかはわからないけど同じメンバーでEthan Silverというバンドもやってるらしい。
※一部ケースにダメージがある場合あり

価格:900円

レーベル:strictly no capital letters

試聴:



2018年5月18日金曜日

Killie - 犯罪者が犯した罪の再審始まる 特別仕様版 [2018]



3cmtourCleanerSora等のメンバーにより結成され東京を拠点に活動するKillieの写真集。通常盤と同内容(マスタリング違い)のデジタル音源のダウンロードコードとライブ音源3曲収録の7インチソノシート付き。

価格:6666円

レーベル:Self Released

試聴:なし

2018年5月12日土曜日

Call It In The Air / The Maccabees - Split CD [2000]




Call It In The AirとPohgohのメンバー4人中3人が参加していたThe MaccabeesによるスプリットCD。Call It In The Airはこっちも悪くはないけどアルバムの方が良いす。Cyndi Lauperのカバーあり。The MaccabeesはメンバーがメンバーなのでPohgoh的なところもあるけどもうちょっと落ち着いた感がある。あとここではアルバムには無かった男女ツインボーカルの曲だったり渋い男性ボーカルのみの曲も聴ける。

価格:1500円 Sold Out

レーベル:Outback Entertainment Group

試聴:

Call It In The Air - Just A Morning Thought CD [1998]



アメリカはミシガン州の6人組エモバンドCall It In The Airの1stアルバム。このバンドのことをハイパーイナフ大学で知ったという人は自分を含め結構多いんじゃないかと思う。音はBenton FallsとかCompound Red的な渋エモで最高。ボーカルの方は今JR JR(前はDale Earnhardt Jr. Jr.っていう名前でした)で活動中。ちなみにバンド名はJimmy Eat Worldの曲から取ったものだが実際そこまで影響を受けてるわけではないとのこと。

価格:2000円 Sold Out

レーベル:Outback Entertainment Group

試聴:

2018年5月11日金曜日

Red Dye No.5 - Fort Apache Sessions 12" [2016]



アメリカはカリフォルニア州サンディエゴを拠点に1993~1996年まで活動していたファジーでジャングリーでドリーミーなノイズポップバンドRed Dye No.5による未発表の1stアルバムに7インチやコンピ提供の曲を加えた12曲入りディスコグラフィー盤(ダウンロードコード付きでデジタルの方は更に4曲プラスされます)。300枚プレス(赤盤200、黒盤100)。オルタナ、インディーロック、エモ等々の女性ボーカルのバンドが好きな人、Rainer MariaとかVelosity Girlなんかが好きな人におすすめ。自分的には1曲目からこれはキてるな感をガツンと食らわせられた。2曲目がGreen Dayっぽくてちょっと笑ってしまったけど。B面5曲目のHeart Of GlassはBlondieのカバー。

価格:2300円(黒盤) Sold Out

レーベル:Silver Girl Records

試聴:

2018年4月25日水曜日

Killie - 犯罪者が犯した罪の再審始まる 通常盤 CD [2018]



3cmtourCleanerSora等のメンバーにより結成された東京を拠点に活動するKillieの未発表曲やLa Quieteのカバーを含んだ9曲入り編集盤。全曲再録。
※特典DVD付

価格:1111円

レーベル:Self Released

試聴:なし

2018年3月29日木曜日

Die Hoffnung - Elegies And Creation Songs 12" [2018]



ex-I Hate Myself等のマーバーガー兄弟によって結成されたエモ~マスロックバンドdie Hoffnungの2ndアルバム(7曲入りCD-R付き)。300枚プレス。今作はex-Moonraker等のTravis Fristoe加入後に録音されていた作品で元々2013年リリース予定で動いていたものの結局流れてしまっていたのを2015年のTravisの他界をきっかけに再びリリースへと動き出し今年リリースに至ったもの。内容は前作の感じも有りつつ激情色は抑えめに隙間を活かしてメロディを立たせた曲がいくつか有ってそれがめちゃめちゃツボ。三曲目なんか後期I Hate Myself感ありありで最高。付属のCD-RにはTravisに向けてJim Marburgerが書き下ろした曲群を収録。

価格:1700円 Sold Out

レーベル:Belladonna/Obscurist Press

試聴:

Insult to Injury - S/T 12" [1999]



アメリカはサウスキャロライナ州のハードコアバンドInsult To Injuryの1st LP。所謂Assfactor 4ライクなフランティックなハードコアでとどのつまり紛うことなきキャロライナ系。たまにキャッチ―な歌が入るのが愛おしい。

価格:1000円 Sold Out

レーベル:Belladonna

試聴:

The End Of The Century Party - Isn't It Perfectly Fucking Delightful To Be So Goddamn Certain 12" [1999]



フロリダ産エモバイオレンスThe End Of The Century Partyによる1st LP。PalatkaAssholeparadeといったバンド等と共に90年代フロリダのハードコアシーンで活躍。一部メンバーは現在Brain FeverScience等で活動中。

価格:1000円

レーベル:Belladonna

試聴:

Excelsior - Land Of Enchantment 12" [2000]



アメリカはフィラデルフィアにてex-FractureGoodbye, Blue MondayEncyclopedia Of American Traitors等のメンバーにより1997年に結成されたExcelsiorの6曲入り12インチEP。パンクだけどもハードロック色強め。Monorchid的な感じもありで聴いてると結構癖になる。DCモノ好きな人にもおすすめ。

価格:1000円

レーベル:Belladonna

試聴:

2018年3月23日金曜日

Duct Hearts - Feathers CD [2017]



2009年から活動を始め数々のスプリット等をリリースしてきたドイツはミュンヘンのエモ~ポストロックDuct Heartsの記念すべき1stアルバム。ElliottThe Appleseed Cast辺りを彷彿させるアトモスフェリックな感じがありつつバーストしていきベタなんだけどやっぱいいよねみたいなそんなベタ上等な様式美で聴かせるバンドかなと思う。でも一方で個人的な感覚ではベタと言いつつも所謂エモリヴァイバル的な流れとは一線を画している気もして現行でこういう音を出してるバンドはあまりいないような。ともかくおすすめ。

価格:1300円 Sold Out

レーベル:time as a color

試聴:

VA - Time As A Color X 12" [2017]



当ディストロ的にもかなりお世話になっているDuct HeartsのDanielが運営するドイツの激ナイスなレーベルtime as a colorの10周年記念コンピ。 レーベル所縁の9バンド9曲を収録の309枚プレス。エモ、ポストハードコア、ポストパンク、ポストロック等々の現行バンドを一挙に味わえる超おすすめ盤。個人的にはやっぱりCarson WellsNebraska(残念ながら解散済み)、Duct Hearts辺りが最高。

価格:1600円 Sold Out

レーベル:time as a color

試聴:

Dym - Ray's Front Teeth 12" [2018]



UKはロンドンのDymによる6曲入り12インチEP。250枚プレス。SlintHuman Hands等からの影響を感じさせる音でダークな中にもエモさが滲み出てて良い。貼ってあるSound Cloudはバンドが今作を作るにあたってインスパイアされた曲を集めたミックスなので盤を聴く前にこっちを聴いてから盤の方にいくのも面白いかもしれない。

価格:1500円 Sold Out

レーベル:Barely Regal Records/time as a color/strictly no capital letters/Kingfisher Bluez

試聴:



2018年2月20日火曜日

Castor - Everything 1994-1998 CD [2018]



アメリカはイリノイ州シャンペーンのエモロックバンドCastorの全音源を収録した21曲入りディスコグラフィーCD。同郷のHumだったりFailureShiner辺りに加えてシカゴ方面のバンドの感じもほんのりある音でそこに渋くて歌心があるボーカルが乗ってほんとたまらんよねっていうのがこのCastorというバンドだと思う。ぜひ聴いてたまらんくなって欲しいす。ちなみにこのCastorのメンバーとHumのメンバーが後にCentaurというナイスなバンドを組んだりしてるので興味がある人はそっちもチェック。

価格:1800円 Sold Out

レーベル:Mud Records

試聴: 

2018年2月19日月曜日

Sarge - Charcoal CD [1996]



アメリカはイリノイ州シャンペーンのインディーポップ~メロディックパンクなバンドSargeによる9曲入り1stアルバム。何だかんだDear Josie Love Robynが一番好きっす。メンバーは後にThe Reputationを始めたりする。

価格:1300円 Sold Out

レーベル:Mud Records

試聴:

Sarge - Distant CD [2000]



アメリカはイリノイ州シャンペーンのインディーポップ~メロディックパンクなバンドSargeによるその時の新曲やカバー曲、ライブテイク等を収録した14曲入り編集盤。Clearerという曲が青くて最高。メンバーは後にThe Reputationを始めたりする。

価格:1300円 Sold Out

レーベル:Mud Records

試聴:



Castor - Carnival 7" [1997]



アメリカはイリノイ州シャンペーンのエモロックバンドCastorによる2曲入り1st 7"。A面のCarnivalはアルバムにも収録されているがこっちはバージョンが違っていてアルバムver.よりも枯れ感がある。両面とも良曲。この7インチは何となくシカゴ方面のバンドの感じもあるんじゃないかなと思っている。

価格:700円 Sold Out

レーベル:Mud Records

試聴:



Sarge - Stall 7" [1997]



アメリカはイリノイ州シャンペーンのインディーポップ~メロディックパンクなバンドSargeによる2曲入り2nd 7"。B面は数々のバンドがカバーしているCyndi LauperのTime After Timeを収録。メンバーは後にThe Reputationを始めたりする。

価格:700円 Sold Out

レーベル:Mud Records

試聴:



Sarge - Dear Josie Love Robyn 7" [1996]



アメリカはイリノイ州シャンペーンのインディーポップ~メロディックパンクなバンドSargeによる2曲入り1st 7"。A面のDear Josie Love RobynはSargeと言ったらやっぱりこれと言い切っていいくらいの曲。7インチっていうのも最高。メンバーは後にThe Reputationを始めたりする。

価格:700円 Sold Out

レーベル:Mud Records

試聴:



2018年2月10日土曜日

The Spirit Of Versailles - 1998 Demo CD-R [2017]



アメリカはサウスダコタ州スーフォールズのエモバンドThe Spirit Of Versaillesが1998年にリリースしたデモテープをメンバーのTanner Olson自らリマスターしパッケージングした4曲入りCD-R。33枚限定。おまけでランダムに写真2枚付きます。泣きの激情が好きならドンピシャなはず。

価格:800円 Sold Out

レーベル:Electric Relics

試聴:

2018年1月4日木曜日

VA - Post Marked Stamps CD [1999]



Numero Groupの創設者の一人Ken Shipleyが1995年から2000年頃にかけて運営していたTree Recordsによる遠距離恋愛をする恋人たちによる文通をコンセプトにしたスプリット7インチシリーズを一つのCDにまとめた18曲入り編集盤。錚々たるメンツ(参加バンドはここで確認してください)が参加しているこのコンピだが内容も相当良い。個人的に気に入ってるのはCompound RedのBuildingという曲でこの曲はアルバムの方にArt Of Buildingという曲名で弾き語りのものが収録されてるけどこのコンピでのバージョンはバンドアレンジでアルバムのよりこっちのがかなり好き。同じようにThe Get Up KidsやStill Lifeなんかもそうでアルバムに入っている方よりもこっちに入ってるバージョンのが良いす。他にも良曲多数な感じで本当に良コンピなので手に入れて聴き倒して欲しい。

価格:1500円

レーベル:Tree Records

試聴: