2019年3月27日水曜日

Seagulls - Dear John Letter 7" [2018]



アメリカはジョージア州アトランタのメロディックパンクバンドSeagullsによる7"。300枚プレス(灰盤100枚、黒盤200枚)。UnfunHot Water MusicIron Chic等が好きな方におすすめ。

価格:900円(黒盤)

レーベル:Debt Offensive Records

試聴:

Burning Spring / Cuddlefish - Split 7" [2017]



カナダはオンタリオ州ナイアガラフォールズのBurning SpringとUnfunCancers等のメンバー擁するアメリカはジョージア州アセンズのCuddlefishのメロディックパンク2バンドによるスプリット。300枚プレス。Burning SpringはTwo Line Filler系の音で一曲目のイントロ時点でその匂いがプンプンでそこからのボーカルが入って来た時点でこれは間違いないやつってなるしCuddlefishは嗄れ声で叫び交じりのボーカルが渋くて音もイーストベイな感じでグッド。両サイド共にかなり良い。メロディック好きでまだ未聴の方は是非聴いてみて欲しい。ちなみにDead Broke Rekerdsから出てるカセットテープ版はBurning Springの方はさらに一曲多く収録されている。あとCuddlefishは徳島のSilverwigsとのスプリットをリリースする予定あり。

価格:900円

レーベル:Debt Offensive Records

試聴:

2019年3月22日金曜日

Mister Goblin - Final Boy Cassette [2018]



ex-Two Inch AstronautのSamによるソロプロジェクトMister Goblinの1st EP。ポップでキャッチ―な曲群ながらどこかひねくれ感があるのはRob Crow関連のバンドを思い起こさせる。

価格:1000円

レーベル:Exploding In Sound Records

試聴:

2019年3月20日水曜日

Control - Letter Never Sent 7" [2019]



京都にて結成され現在は東京で活動するDCインフルエンス・メロディックハードコアバンドControlの1st 7"。自分と同様に前作のカセットテープを聴いて喰らわせられた人も多いであろうこのバンド。今作は下記のレーベルインフォに出てるバンドはもちろんの事Tonka辺りが好きな人にも激おすすめ。AB面共にナイスです。そしてジャケの作りがP.S. Burn This LetterThe Lions的な90s DIYスタイル踏襲系のハンドメイドで凝っていて面白いし実際手にした時のずっしりくる感じやバンドの写真が付属してるのがまた物としての存在感をより感じさせる。是非実物で体感して欲しい一枚。

以下レーベルインフォより引用

次世代を担う新鋭DCインフルエンス・メロディックハードコアバンド”control”。各地で話題となったテープ以降初となる音源は4曲入り7インチ!revolution summer系譜を受け継ぎ、新たな幕開けを感じさせる渾身の作品。2011年、大学在学中に京都にて結成。2015年の上京を機に活動は加速。定期的に行われる自主企画ではelicaShipyards, falls, by the end of summer, bows, don karnage, DAIEI SPRAYなどを招致。活動の幅は広く、各地で支持される存在となっている。最も影響を受け、核の部分になったのはDCサウンド。RITES OF SPRING, ONE LAST WISH, RAIN, DAG NASTY等…所謂revolution summer期に活動していたバンドたち。そこにVERMIN SCUM RECORDSTHE HATED, MOSS ICONebullitionfuel, admiral、シーン先達のsalt of life, the lions, suffering from a caseといった「エモーティブ」「激」「メロディアス」が混在したバンドへの憧れを凝縮して彼らなりに再構築。前作の疾走感は損なわずに、彼らの特徴ともいうべくアグレッシブなプレイと絶妙に耳に残るメロディを見事にパッケージングした快作に仕上がった。全4曲収録。完全手刷りDIYジャケット。

録音:板橋孝浩(V/ACATION, DIEGO)
プロデューサー:篠沢幸一(Shipyards, V/ACATION)

価格:1296円

レーベル:imakinn records

試聴: