2019年2月26日火曜日

55 Deltic - You Could Own An American Home 12" [2019]



UKはノッティンガムのエモ~スロウコアバンド55 Delticによる1st LP。250枚プレス(黒盤150、青盤100)。2016年に出したデモテープから三年振りのリリースとなった今作だがまず大好きでよく聴いていたGlendale Girlsがこうやってヴァイナルで聴けるのが嬉しい。音としてはDusterCodeine等影響下の音でシューゲイズ要素もありつつそこにヴァイオリン、チェロ、ピアノ、ヴィブラフォン等が要所で加わって更に美しい仕上がりになっている。前述した通り既にGlendale Girlsはお気に入りの曲なわけだが先行公開されていたTangenや他の曲も当然良い。B面のSamanthaは他の曲とちょっと気色が違ってグランジ成分多めのCalm(Dusterの前身)みたいな雰囲気があってかっこいいしEden Valley Line終盤のバーストからの絶叫も何だかここだけDaïtroとかみたいでこれまたかっこいい。ちなみにバンド名はBritish Rail Class 55(愛称Deltic)という機関車が由来で今作の収録曲は全て列車に関したものだそう。またstrictly no capital lettersのAndyさんも鉄道好きらしくよく写真を撮ったりしているので今作はそんな鉄道好きによるコラボレーションリリースとも言えるかもしれない。


価格:2000円 (黒盤 / 青盤)

レーベル:strictly no capital letters/Barely Regal Records/Kingfisher Bluez

試聴:

The Birds Are Spies, They Report To The Trees - Sørsia 7" [2008]



Catena Collapse等のメンバーにより結成されたノルウェーのエモバンドThe Birds Are Spies, They Report To The Treesによる2nd 7"。500枚プレス。一曲目がレボリューションサマー直系のエモーティブハードコアで最高。他の曲も自分が好きなタイプのエモ成分が随所で感じられこれまた最高。

価格:900円

レーベル:Ape Must Not Kill Ape/From A Strangers Hand

試聴:

Wild Animals - Basements: Music To Fight Hypocrisy 12" [2016]



スペインはマドリードのメロディックパンクバンドWild Animalsによる1st LP。1000枚プレス(黒盤800、緑盤200)。Hüsker DüDinosaur Jr.SuperchunkJawbreaker等を感じさせるメロディックパンクで曲はもちろんの事男女ボーカルのコンビネーションが最高。全作良いので早めにゲトった方が良いす。Snuffy Smileのバンド、TurncoatCloud Nothings等々が好きな方にもおすすめ。
※インナースリーブに抜けあり

価格:2000円 (緑盤) Sold Out

レーベル:La Agonía De Vivir/B-Core Disc/strictly no capital letters/Good Post Day Records/Dingleberry Records/Pifia Records/Epidemic Records/Inhumano/One Wild Collective

試聴:

2019年2月23日土曜日

folks - あたたかい CD [2019]



岡山県美作市のインディーロック~メロディックパンクバンドfolksによる1stアルバム。続いていく日々の暮らしの中のふとした瞬間気づいてしまったやるせなさだったり誰しもがかつて持っていたであろう青さを纏ったような曲たちにちょっと涙腺が緩む。こんなバンドが近所にいたら最高だろうな。2~4曲目の流れ至高。個人的に聴き終えた時の何となく満たされるような気持ちはNo Actionのアルバムを聴き終えた時と同じ感じがした。bloodthirsty butcherseastern youthbedclimb the mindWEARE!等々の日本語ロックからthe lionsShipyardsThirsty Chords辺りのメロディックが好きな方におすすめ。

価格:1500円

レーベル:impulse records

試聴:

2019年2月22日金曜日

Blackjackaction - Self Titled Cassette [2019]



ex-JuliaLumberThe Leadfoot Broadcast等のメンバーで結成され1996年から1997年にかけて活動していたBlackjackactionの未発表アルバムがカセットテープにてリリース。Blackjackactionはメンバー四人全員で歌って叫んでなスタイルでWill You?第7号掲載のSwipeアメリカツアーレポート内で実際に対バンしてライブを見た根本潤氏に「客観的に言い表すならHoover+Fugazi+Juliaなサウンドか?」と評されていたバンド。ちなみに本当ならこのアルバムは1998年夏にはリリースされる予定だったらしい。音的にはManraeSpitboySubmission HoldSarah Kirsch関連のバンド等好きな人も気に入りそうな要素バリバリで言ってしまえばEbullition周辺のバンドだったり90sエモ~ハードコアが好きだったらもはやマストな感じあり。ちなみにBlackjackactionはdiscogsだと7インチのリリースしか確認できないがHeartattaCk第14号のレビュー欄によるとサンタローザのBetter Days RecordsからリリースされたSerenades And Sililoquiesというアコースティック曲を集めたカセットテープコンピ(Edaline等も参加)に参加していたらしい。
※カバーは緑と白がありますがランダムで送ります

価格:1000円

レーベル:Polar Summer

試聴:

2019年2月14日木曜日

herpiano / Office Voids - Split 7" [2019]



静岡のインディーロックバンドherpianoと東京のハードコアパンクバンドOffice Voidsによるスプリット。herpianoは男女混声ボーカルが映える優しく温かなサウンドで最高。watching you名曲です。Office Voidsは単独7インチを愛聴してたけど今作はそれと比べるとテンポ落とし目で歌成分多めな感じ。初期パンク的な青さあり。アタッチオブストレンジはWotzitとのスプリットにも入ってるみたいだけど今回のは再録なのかな。両バンド共に歌っていいよねってなります。

価格:1296円

レーベル:dot prompt

試聴:



2019年2月5日火曜日

Words A Game - Self Titled 12" / CD-R [2019]



1993年から1995年まで活動していたエモバンドWords A Gameの解散後にリリースされた唯一のアルバムの再発。ヴァイナルは9曲入りでダウンロードの方では更にデモ3曲が追加、CD-Rは12曲入り。CD-R100枚、ヴァイナル黒盤101枚、緑盤104枚プレス。Owltian MiaThe Candyland CarcrushDesoros Lie等々のバンドへと枝分かれしていく根っこの所にいるのがこのバンドでぶっちゃけ後続のバンドの方が全然好きなわけですが何だかんだマニアとしてはスルー出来ない再発ですよ。emo is dead以前のエモ。

価格:1800円 (黒盤/緑盤) / 800円

レーベル:Coin Toss Records/Par·ti·ci·ple

試聴:

2019年2月4日月曜日

Enouement - Lie Cassette [2019]



ex-Night And The City Of Broken PromisesNatural OrderThe Modern FarewellBicycle Thieves等のメンバーによって結成されたUKはカーディフのエモ~ポストハードコアバンドEnouementの2nd EP。50本限定。Texas Is The ReasonHumをミックスした様なサウンドに絶妙な声質のボーカルが乗っかって相変わらずのかっこよさステッカー付。

価格:500円

レーベル:Self Released

試聴: